ONE-HEART 感想(思いつくままに)

懸賞 2013年 01月 07日 懸賞

すっかり日本のミュージカル界に馴染んでるマテが出演するコンサートと言う事で、日本人がメインのこの手のコンサートに初めて行ってみました。

全体的には、なんだかまとまりが無いと言えばそうなのですが、観ていないミュージカルのメインの曲や、初見の方の歌が聴けて、それなりに楽しむ事が出来たかな。

マテもエリザベート以外でもレベッカのファベルの曲を日本語で歌って(役柄には合っているよう)、日本のミュー界に意欲をみせていましたね。

後日のファンミーティングでも今後も日本で活動していきたいと言っていたらしいし、頑張って日本語に精進してほしいものです。

もう一人のゲスト出演の韓国ミュージカル俳優のチョン・ドンソク君。
若手のホープと言ったところでしょうか。
ソウルで『M!』と『エリザベート』のルドルフで観てますが、やっぱり上手い!!
この2作品以外からは『ハムレット』の曲も歌いましたが、作品の世界観と言うのでしょうか、雰囲気作りが凄く良かったと思いました。
彼は『ウェルテルの恋』(韓国発のミュージカル)に、この後出演しますね。
この作品からも歌ってくれると嬉しかったのですが・・・(チラシも会場の外でしか配って無かったです)

この日の出演者(男性)

石井一孝さん・・・・さすがに歌もトークも一流!聴かせてくれました。

伊礼彼方さん・・・・数年前に観た時よりガタイがよくなっていて^^トークも頑張って盛り          上げていました。明るいキャラで好感持てました。歌もgood!

岡田広暉さん・・・・『ブラッド・ブラザース』から。明るい曲調の歌の方がこの方にはあっ           てるのかな、エリザベートのFJよりずっと良い感じ。

武田真治さん・・・・サックス片手に歌って演奏して。ミュー役者の中で異彩を放ってまし            た。

入野自由さん・・・・初見でした。ミュー経験もあまり無いと言ってましたが、かなり歌える           感じでした。

小野田龍之介さん・・・・この方も初見でしたが、リーヴァイ国際コンクールで入賞しただけ            あって、なかなか将来有望?な感じ。今後出演作を観てみたいで             す。


女性出演者の感想は次回に^^
[PR]

# by gerrymama50 | 2013-01-07 23:18 | コンサート

ONE-HEART musical festival

懸賞 2013年 01月 03日 懸賞

シアタークリエ5周年記念のミュージカル・コンサート
≪ONE-HEART≫最終日に行ってきました。
b0094739_2353597.jpg


1部はシアタークリエで上演されたミュージカルのナンバーから、
2部はそれ以外の有名どころのミュージカルナンバーでの構成です。

観ていないミュージカルの曲も聞けたし、初見の方の歌も聴けたし
こういうコンサートってとても楽しかったです!

しょっぱなに、山祐さんのお正月バージョンの映像のご挨拶で笑わせられ、
カーテンコールでは出演者一人ひとりから挨拶があり、マテがフライングしてしまうというハプニング(?)ありだったし(けっこうこれって問題かも・汗)
こんな楽しいコンサート定例化されたら嬉しいです。

詳しいキャストの感想はまた後日に。
[PR]

# by gerrymama50 | 2013-01-03 23:24 | コンサート

ウィーン版ミュージカル≪エリザベート20周年記念コンサート≫

懸賞 2012年 11月 04日 懸賞

思い返せば5年前、2007年に奇蹟の招聘公演を観て以来(DVDでは観てましたが)すっかり私を虜にしてしまったこの作品。

ハンガリー・ブダペストや初演キャストのUwe&Piaで観たくてベルリンまで行きましたっけ。

ベルリンでの公演を観て、もう上書きしたくなくて封印してきました。
東宝での、噂の城田トートも観ずに・・・(ちょっと観たい気もしましたが^^)

20周年の今年は封印を解いて韓国初演公演を観に行って、キャストの質の高さに驚き、東宝の衝撃のキャスティング!マテが日本語で演じるトートで観てきました。

そして、日本で最後のエリザベートを演じるマヤさんのエリザベートに立ち会えた幸せを、今しみじみと感じています。

b0094739_2113234.jpg


ルケーニ役のブルーノ・グラッシーニさんもこの公演で卒業だそうです、寂しいです・・・
[PR]

# by gerrymama50 | 2012-11-04 21:06 | エリザベート

来日≪ロミオ&ジュリエット≫感想②

懸賞 2012年 10月 11日 懸賞

今日は最前列、中央の席での観劇でした。
ステージの全体は見づらく、首が疲れてしまうと言う欠点はありますが、何と言ってもかぶりつきで見る醍醐味を味わえて幸せでした~。

役者達の表情は勿論、息遣いや小声でのやり取りなどもはっきり聞き取れ、私的に最高の観劇でした!

前回観た時とは音の聞こえ方が大分違っていて、ロミオの歌もちゃんと聴こえていたし、バランスも良かったと思います。
もしかしてここの劇場って席によって聴こえ方がずいぶん違うのかもしれません。
音響の問題か、ミキシングの問題かは分りませんが・・・


やっぱり今回のロミオ・・・・華が無いカナ・・・・・

そんな中でティボルトとマキューシオ、目が離せません!
初演からの成長が素晴らしいトム・ロスが何と言っても良い男全開!!
歌も勿論素晴らしいのですが、演技が~~~もう、ツボです。

初演DVDや2007年ソウル公演(ウィリアム・ティボルト)時にはあまり感情移入出来なかったC'est pas ma faute も心に響いて来る物があります。

マキューシオのジョン・エイゼンは2007年に20歳で演じていた、活きの良いマキューシオから、男っぽく成長し屈折した狂気をまとったマキューシオになっています。

この二人の絡みが目の前で繰り広げられて・・・・最高でした!!


カーテンコールでは≪祈り≫≪20歳とは≫≪世界の王≫≪ベローナ≫の4曲で盛り上がりました。

最前列の座席が運良く取れていたので、今日はキャストにお花を渡す事ができました。
ティボルト、ロミオ、ジュリエットです。

トムは『え!俺に?』って嬉しそうな顔をしてくれました!サイコー!
その後もステージの上からアイコンタクトでお礼をしてくれて私も嬉しかったです!

平日は半額のリピチケも出ていました。
都合がつけば東京楽まえにもう一度観たいなぁ。
[PR]

# by gerrymama50 | 2012-10-11 22:27 | R&J

≪来日ロミオ&ジュリエット≫感想①

懸賞 2012年 10月 07日 懸賞

まず、作品全体の印象から

さすが、初演から10年かけて、上演される度に設定や曲の手直しがされてきただけあって、完成度の高い内容になっていると思いました。

ロミオとジュリエットの愛が深まるにつれ、ティボルトとマキューシオ(キャピレットとモンタギュー両家)の対立(憎しみ)も増してゆくという、《愛と憎しみ》が表裏一体という人間のもつ矛盾や愚かさが、この作品のテーマの一つなのでしょう。

ティボルトとマキューシオの心情を語る曲が何曲か追加され、ロミオとジュリエットの心情と同じくらいの比重で《愛VS憎しみ》が語られている印象です。

主役の二人ですが
ジュリエットのジョイは年齢を重ねかなり歌が上手くなってる印象です。
セシリアと交代してアジアツアーに参加した5年前に比べ、歌も演技も円熟実を増し、立派にカンパニーの看板を務めていました。

ロミオのシリル、
2007年からのベンボリオを卒業して、今回からのタイトルロールです。
念願のロミオを演じる緊張からか、初日の昨日はかなり緊張していたのでしょうか。
少し硬さがあったように思いましたが、回を重ねるうちにもっとのびのびと演じてくれるようになるのでしょう。
ダミアンの歌声が耳に貼り付いている、古くからの作品のファンには賛否の分かれるところだと思いますが、彼なりのロミオ像を創っていけば良いとおもいます。

初日ならでこそのアクシデントもあり(マイクトラブル、照明ミス、音響の調節など)ハラハラさせられましたが(ソウル公演ではしょっちゅうマイクが・・・)無事初日を終えてキャストもホッとしたのではないでしょうか。
カーテンコールでは《祈り(?)》と《20歳とは》が歌われ、スタンディング&喝采で盛り上がり、終演後は主要キャスト全員でホワイエ(ロビー)にてご挨拶がありました。

初演からティボルトを演じている(アジアツアーでは一時交代)トム・ロス、2007年から、若干20歳からマキューシオを演じているジョン・エイゼン、この二人が凄く頑張ってカンパニーを牽引しているなぁ~
舞踏会でのメンチの切り方なんて、もう『待ってました!!』
2幕の『狂気』から『決闘』のシーンでは≪デターーーー!!!≫
鍛え抜かれた肉体美のダンサー達が上半身裸で踊り狂うっていうか乱闘する、そのパワーと躍動感にただただ圧倒されました。

総指揮のジェラールさん、来日イベントでは『特に日本向けの演出とかサプライズはありません』って言ってたらしいけど、ちゃんとありましたよ!サプライズ演出。

2幕の『美しい者醜いもの』だったと思いますが、空手風のダンス振り付けです。
ヨーロッパ(特にフランス)の人にとって、日本のイメージって事ですかね。

また、何か思いついたら感想書き足します~。
長々と書いてしまいましたが読んで下さってありがとうございました!
[PR]

# by gerrymama50 | 2012-10-07 17:08 | R&J

フランス版《ロミオ&ジュリエット~ヴェローナの子供たち》初日

懸賞 2012年 10月 07日 懸賞

今日初日を迎えた《ロミオ&ジュリエット》観て来ました!
b0094739_0273958.jpg


感想(取りあえず一言)
んん~・・・
やっぱり10年間ロミオを演じてきたダミアンは偉大だったなぁ~。
マキューシオのジョン君、頑張ってカンパニーを牽引してる!
ジュリエットのジョイ、凄く良くなってる!歌も演技もオリジナルを超えた感。
[PR]

# by gerrymama50 | 2012-10-07 00:40 | R&J

怒涛のミュージカル月間が幕開け~まずはフランス≪Romio&Juliette≫

懸賞 2012年 10月 05日 懸賞

b0094739_2294292.jpg

早いものでもう10月、季節は秋
怒涛のミュージカル月間が始まりました。

まずは明日開幕するフランス召喚版≪ロミオ&ジュリエット≫
新しくオープンした《渋谷ヒカリエ・シアターオーブ》
どんな劇場かとても楽しみです。

待望の日本公演、てっきりダミアン・ロミオだとばっかり思って3公演もチケット買ってしまった・・・・

シリルのロミオ・・・・なんだかどう考えてもしっくりこない・・・

やっぱりマイ・ロミオはこれ!
b0094739_22292485.jpg


前回のアジアツアーではシリルがロミオにキャスティングされていたのに土壇場でダミアンがロミオを続投したという事でした。
あわ~~く期待してたんですけどね・・・

でも、そんな事言ってないで楽しんでこなくちゃね~
明日、初日に行って来ます!!


おまけです!b0094739_2236451.jpg

                  この並び、麗しいわぁ~~!!!
[PR]

# by gerrymama50 | 2012-10-05 22:37 | R&J

春野シシー、前よりずっと良くなってた!そしてマテサイン会

懸賞 2012年 08月 22日 懸賞

8月18日のマチソワで、ほぼ全キャスト観たわけですが、(おっと、山祐トート忘れてました・汗)
大野ルドルフ観れてないのがちょっと心残り・笑

東京の帝劇公演でイマイチかと思った春野シシーも凄く良くなっていたし、岡田フランツも彼なりのフランツ像がしっかり確立されたようで、歌も数段上手くなってるような気がしました。

この日のソワレ後にマテのサイン会がありました。
マテのCDやDVDはもう持ってるし(両方ともサインしてもらってあります)、ポストカードを買ってサイン会に参加しました。

ポストカードはこんなです(帝劇で売ってたのとは違う写真になってます)
b0094739_1719472.jpg


流れ作業のようにサインをもらうのがイヤだったので、この中からマテが気に入ってるのを選んでもらってサインしてもらいました。
左下の写真みてマテは『昔のだぁ~』って言ってました・笑
ご本人がチョイスした写真のセットではないようですね。

『日本語がとても上手になりましたね。』
≪アリガトウ≫
『もう、日本人だわね』
≪ホント?アリガトウゴザイマス!≫

お疲れでしょうに一人ひとりとちゃんと目を合わせ、握手していたマテ
ありがとうございました!!
中日劇場公演もあとわずか、来月はいよいよ梅田芸術劇場です。

体調に気をつけて頑張ってほしいと思います。
そして
10月のウィーン版エリザベート・コンサート、楽しみです!!


せっかく名古屋に来たのだから、せめて名物食べなくちゃね、と

手羽、大アサリ、味噌カツ、エビフライ、名古屋コーチン入り茶碗蒸し・・・・
しっかり食べてきました!

b0094739_17333088.jpg

[PR]

# by gerrymama50 | 2012-08-22 17:34 | エリザベート

レ・ミゼラブル キャスト発表!

懸賞 2012年 08月 22日 懸賞

今朝の朝刊見てビックリ!!
b0094739_16564492.jpg



web発表より早かったですね~

山祐さんのバルジャンは予想してましたが、ジュンヒョンさんが新バルジャンに!!

b0094739_16571675.jpg

[PR]

# by gerrymama50 | 2012-08-22 16:58 | ミュージカル

エリザベート@中日劇場

懸賞 2012年 08月 20日 懸賞

8月18日(土)、朝7時台の新幹線で名古屋まで行ってきました!

日頃深夜まで起きていて、朝はゆっくりしてる生活なので久々の早起きは大変でしたが、頑張って早起きした甲斐がありました。

この日のマチネはb0094739_22435823.jpg

石丸トート、帝劇の時とは違ってナチュラルメイク!
絶対こちらの方が良い~!(手のほうはバッチリ爬虫類メイク)
歌の方もばっちり絶好調、また表情が石丸さんの解釈が面白い~!
シシーに拒絶されて去るときにも「フフ・・まぁ、いいさ」とニヤリ・・・・
最後も、シシーを手に入れた後のどや顔ったら!!

ほんと、役者によっていろんな解釈があるのですね~~面白い!

瀬名さんも声が良く出ていましたね!
最後の音が上がりきらないって言うフラストレーションも、今回はあまり感じませんでしたよ!パチパチ

少年ルドルフの清史郎くん、かわいかった~~!やはり帝劇からずいぶん成長していたと感じました。公演数をこなしていくことで上手くなるのですね~、こちらもパチパチ!

平方ルドルフも相変わらずうまい!!
歌も演技も私は一番好きです。

b0094739_2362782.jpgソワレのキャストです。



マテッたら、またまた日本語上手くなっちゃって~~!!
歌に関してはほとんど完璧だと思いましたよ。


久々に寿ゾフィーが聴けて大満足でした。すっごくこわ~いお姑さん!

この日の全員プレゼント、ルケーニの高嶋さんポストカード・笑b0094739_23153137.jpg
ある意味レアですね!

この日のソワレ後にマテのサイン会がありました。せっかくだからポストカードにサインしてもらう事にしました。その様子はまた後日ご報告しますね!
[PR]

# by gerrymama50 | 2012-08-20 23:19 | エリザベート