来日≪ロミオ&ジュリエット≫感想②

懸賞 2012年 10月 11日 懸賞

今日は最前列、中央の席での観劇でした。
ステージの全体は見づらく、首が疲れてしまうと言う欠点はありますが、何と言ってもかぶりつきで見る醍醐味を味わえて幸せでした~。

役者達の表情は勿論、息遣いや小声でのやり取りなどもはっきり聞き取れ、私的に最高の観劇でした!

前回観た時とは音の聞こえ方が大分違っていて、ロミオの歌もちゃんと聴こえていたし、バランスも良かったと思います。
もしかしてここの劇場って席によって聴こえ方がずいぶん違うのかもしれません。
音響の問題か、ミキシングの問題かは分りませんが・・・


やっぱり今回のロミオ・・・・華が無いカナ・・・・・

そんな中でティボルトとマキューシオ、目が離せません!
初演からの成長が素晴らしいトム・ロスが何と言っても良い男全開!!
歌も勿論素晴らしいのですが、演技が~~~もう、ツボです。

初演DVDや2007年ソウル公演(ウィリアム・ティボルト)時にはあまり感情移入出来なかったC'est pas ma faute も心に響いて来る物があります。

マキューシオのジョン・エイゼンは2007年に20歳で演じていた、活きの良いマキューシオから、男っぽく成長し屈折した狂気をまとったマキューシオになっています。

この二人の絡みが目の前で繰り広げられて・・・・最高でした!!


カーテンコールでは≪祈り≫≪20歳とは≫≪世界の王≫≪ベローナ≫の4曲で盛り上がりました。

最前列の座席が運良く取れていたので、今日はキャストにお花を渡す事ができました。
ティボルト、ロミオ、ジュリエットです。

トムは『え!俺に?』って嬉しそうな顔をしてくれました!サイコー!
その後もステージの上からアイコンタクトでお礼をしてくれて私も嬉しかったです!

平日は半額のリピチケも出ていました。
都合がつけば東京楽まえにもう一度観たいなぁ。
[PR]

by gerrymama50 | 2012-10-11 22:27 | R&J

<< ウィーン版ミュージカル≪エリザ...   ≪来日ロミオ&ジュリエット≫感想① >>