-Limited of Love- 海猿

懸賞 2006年 05月 10日 懸賞

水曜レディスデイ、公開間もないこともあり結構混んでました。
が、いつも行くシネコンはまず満席なんてことはないので(ドラえもんは例外だった・汗)
ほぼ希望どうりの席で見ることができます。

感想(ネタばれ注意!)

海猿1を見て、2の予告編がしっかり頭に残ってたのですよ。
『おい!先崎!お前殉職するんじゃなかったのかよ』

よかったですけどっ。みーんな救助されて。
っていうか避難するのにあんなに何時間もかけてひなんするより
『泳げる人は飛び込んじゃってくださ~い』っていうぐらいなかんじ。

予告編の『ポセイドン』もそうだし、私船には乗りません一生(たぶん)
どうしても乗る羽目になったら、少なくとも1分30秒は息止める練習します。
[PR]

# by gerrymama50 | 2006-05-10 16:35 | 映画

誘惑宮へ

懸賞 2006年 05月 09日 懸賞

姿月あさとさんのコンサート『誘惑宮へ』のお話です。

4月30日(日)14:00~
サントリーホール
脚本・演出: 島田雅彦
音楽監督:  三枝成彰
新日本フィルハーモニー
六本木男声合唱団倶楽部

出演: 姿月あさと  奥田えいじ


とても不思議なコンサートでした。
音楽劇とでも言うのでしょうか、クラッシクの曲をモチーフに
両性具有で多重人格者の主人公(姿月さん)と語り部で進行役の奥田さんによる
ストーリーがあるようで無いような不思議な世界をあじわってきました。

姿月あさとさんの音楽に対する姿勢とか、チャレンジ精神とか感じられて
私にとってはけっこう嵌りそうなコンサートでした。
でも、これってあまり一般受けはしないかも・・・
姿月さんのファンらしき方がたがほとんどで(あたりまえか)なかには関西方面からの
遠征組みと見受けられるかたも大勢いらっしゃいましたね。
そのなかでほほえましかったのは、小学校高学年くらいの女の子が『姿月さんの生のうたが聴けてほんとに嬉しかった。』みたいなことを、電車のなかでお母さんと話していた事です。

コンサートでの姿月さんはほんとうに美しく、あんなにほっそりした身体からよくもあんなパワフルな声がだせるものだと感動しました。
アンコール曲の『愛と死の輪舞』『誰も寝てはならぬ』を生で聴けただけでも幸せなひと時でした。ファンとしては年に2、3回くらいのペースでコンサートがあるとうれしいんですけどね(海外駐在しているうちは無理でしょうね・・・)b0094739_169165.jpg
[PR]

# by gerrymama50 | 2006-05-09 16:09 | コンサート

黄金週間が終わりました。

懸賞 2006年 05月 08日 懸賞

今日から気合を入れて仕事頑張ろうと思ってましたが
やはりいつものようにだらだらとすごしてしまいました。(反省)

世間でいう『黄金週間』・・・我が家には無縁ですもん。
いつものペースで仕事をこなし、賑わう観光地のニュースをテレビで見て、
「へん!どこ行っても混んでるから仕事してたほうがいいもんね!」
なんて、負け惜しみを言ってみたりして。

さ!今週から始まる『エリザベート月間』
アクシデントが何も起こらないことを祈ります。
[PR]

# by gerrymama50 | 2006-05-08 23:31 | 独り言